試行錯誤中

肩痛いし、イギリス行ったけどあがってもらえなかったし、なんとかしないといけないなーって

思って、昔のノート(霊的な事のアドバイスを人からもらったらつけてる。)見返してたら、

8日間祈るって言う方法が書いてあって。

そういえば、前そうやって一人上げた事思いだした。

で、今日は5日目。

残りあと3日。

どうだろ。前回は祈り始めた夜から胸の奥がすごく痛くなった。

今回も前回ほどでないけど、痛い。

まったくどうなるかわからないけど、あと残り3日やってみる。
[PR]
# by nanami_06 | 2009-02-27 21:30

結果報告

今回のグラストンベリーの旅は肩にいる人をあげる目的があったんだけど、結果からいうと、

あがってはもらえなかった。手強いよ・・・。ほんと。

なかなか簡単には楽にさせてもらえないね。

イギリスいくのだって、決して簡単ではないんだけど。今回もいろいろ大変なことあったし。

ほんとにとことんまでやらされてるって感じする



ほんとだったらもっと落ちこんでいるところだろうけど、そこまでおちこんでない。

不思議と。

もしかしたら、グラストンベリーに行った事でパワーチャージされているからかもしれないね。

オーラの大きさとかが大きくなっているんだって。

でも肩いたいままなんだけどね。。
[PR]
# by nanami_06 | 2009-02-22 16:06

イギリス旅行記 (食について)


昨日の夜帰ってやっと落ち着いたー。

今朝なんか11時に目が覚めたもんで、びっくり。10時間睡眠なんてすごい久しぶり。
旅行中の睡眠時間は3-4時間だったし、行きの飛行機のなかではおそらく1時間くらい
しか寝れなかったので、疲れていたんでしょう。

旅行後半では、インスタントの雑炊が底をついたので、ご飯がたべたくて・・・・。

スーパーの惣菜コーナーやすし屋に日本食があったけど、まずいような気がしたので、
我慢、我慢。

で、昨日の新幹線博多駅で残りひとつだった、巻き寿司と稲荷のセット300円を迷わず購入。
すごい勢いで食べた。日本っておいしいもの作るよね、感動した。 サラダとかサンドイッチとか買ってたべたけど、食べてびっくり!
マヨネーズにしても『なんでこういう味なの?』って感じで、日本みたいに、
味が行き届いた感じじゃない。食に関してはイギリスちょっとね・・・。
だからむこうではバナナとかイチゴとかのフルーツを良く食べた。ブドウおいしかった。
フルーツのあたりはずれは少ないからね。ベーグルとかマフィンもおいしかった。

機内食にベジタリアンミールをオーダーしていったんだけど、サラダについていたバジルと
オリーブオイルを混ぜたようなものが胃ムカついてしまって・・・。
もともと油が苦手ということをすっかり忘れて食べてた自分がいけなかったんだけど。
しょっぱながそうだったので、極力むこうでは油物は控えました。
コリアンエアー 多少パンがぱさついていたのが気になったけど、それ以外は味はよかったよ。

日本だとスーパーとかの引き戸タイプ?の自動ドアだけど、むこうは観音扉みたいのがぱかーっと開くからびっくりした。両扉がひらくわけよ。だから、店内に入るようの入り口と出口が別々にあったなー。
[PR]
# by nanami_06 | 2009-02-15 12:25

飛行機に乗ると耳痛くなりませんか?

飛行機に乗ると気圧のため耳が痛くなるんだけど、激痛。鼓膜破れたんじゃないか思うくらい。

機内にいるときもいたいままで、耳の聞こえ方もおかしい。なんども、空気抜きするけど

いつも痛いまま。

現地に到着しても2-3日痛くて、やっと治ったかなーと思ったら、また飛行機にのらなくちゃ

ならなくて・・・・。

本当に憂鬱。

だけどー今回は病院にいってちゃんとお薬もらってきた。

飲み薬と点鼻液。 うまく空気が抜けづらい人っているんだって。

寝るとき足が冷たいのは湯たんぽで対応するし、飛行機の耳痛は薬で対応。

前回忘れた首まくら?はもう荷物にいれたし。あとは、まー大体事前準備できたかな。
 
[PR]
# by nanami_06 | 2009-01-31 13:48

発熱

今年の冬は二度も高熱がでてしまった。

一回目はインフルエンザ予防接種を受けたその夜。 夜中にまずい感じの頭痛と、寒気があって、ごく近くに体温計があったにもかかわらず、痛みと寒気でうなっていた。で、ほとんど眠れなかった。
二回目は今年に入ってから。夜、お風呂にはいろうとおもうのだけど、立ち上がる力がわいて
こない。で、よろよろと布団にはいったけど、寒くて、いつもは暑くて蹴飛ばしている湯たんぽ二つを抱えてがたがた震えていた。

その後も調子がいまいちなときは午後から微熱がでたりして、すっきり直った感じじゃないし、すこし楽になった、右肩も時折勢力をとりもどして圧力をかけるので、ぐらぐらしてたまらないときがある。

そうそう、右肩の人は年末にザビエル記念聖堂にいったらすこし軽くなった。
だけど、まだおるんよね。

困ったもんだ。
[PR]
# by nanami_06 | 2009-01-24 18:39

寒さ対策

イギリスに行くのに心配ごとは山ほどあるけど、その中のひとつが、
寒さに対すること。
昼間はがまんするとしても、ベッドが寒いのはもう本当に嫌になる。
で、湯たんぽをもっていくことにした。
[PR]
# by nanami_06 | 2009-01-16 18:41

グラストンベリー旅行計画

イギリスへの旅行を早めることにした。

で、あわてていろんな手配をしている。

まずロンドンでのホテル。
前回は航空チケットとホテルがセットになったものを旅行会社で手配してもらった。
しかも、空港からホテルまでの送迎つきだった。今回はホテルも自分で手配することに
した。
ホテルを決める要件としては、

 ・Paddington駅から近いこと
  グラストンベリーに行く列車はPaddingtonから出発する。
  また荷物をもって移動するため、駅から近いほうが便利。

 ・バスタブがあること

 ・値段が手ごろであること 

なのだけど、Paddington駅周辺にはたくさんホテルがあるのだが、バスタブがついて
値段が手ごろとなるとなかなか難しい。
前回の旅行で泊まったホテルはシャワーしかついておらす、体があったまらず、なかなか
眠れなかった。長時間飛行機にいたあとはどうしても湯船につかりたい。




ホテルは決定。

空港からホテルまでの移動についてはヒースローエクスプレスを利用することにした。

これだと、ヒースロー空港からPaddington駅まで15分間で到着する。
地下鉄だと安いが、途中で乗り換えがあるし、スーツケースをもっての移動は
ロングフライト後の体に厳しいのでやめた。

日本からヒースローエクスプレスのチケットを購入できるので事前に買っておく。
(その場で買うよりお得)



ヒースロー空港ってとても広くてわけわからなかったので、
入国審査とかも他の人の見ようみまねでかなり心細かった。
今回はこちらのサイトで予行演習

機内食はベジタリアンミールにしてもらった。
お肉やお魚のメイン料理を残してしまいもったいなかったので・・・。

一日目の旅はこれで予約完了
 
 
[PR]
# by nanami_06 | 2009-01-05 18:42

海の底を通過中

こないだ霊能者の人にみてもらったとき、わたしについているのって
先祖霊だけじゃなくって、竜王とか竜神みたいのがついてる(龍?)とも
いわれたんだけど。
それきいて内心『え?』って思ったよ。なんで?って。
その霊能者曰く、実家の近くの山で昔、雨乞いをしたところがあって、その
山の竜神さんの怒りをかうようなことをわたしの関係者がやったらしく、それで
わたしのところにきていると。
ほんまかいな・・・・。
確かに体に動物(龍は動物か?)の霊がついたときの反応はあるから
わたしもはっきりと違うともいえないんだけど、まったくそうだとも信じられない。

昔にも背中と頭が尋常でない痛みがあって、そのときは蛇のたたりだった。
それを聞いたときもほんとに『???』だったし、信じられなかった。
蛇のときもわたしと縁がある人が何かやったらしく、そのときは死んだおばーちゃんが
助けてくれて、あっちの世界にその蛇をつれていってくれたみたい。
それで痛みはすっかりおさまったけど、それ教えてくれる人がいなかったら、
今頃わたしどうなってたんだろーってすごく恐ろしい。

今回はその竜神の対応として竜神がいる山のほうに(実家の庭に)榊を2本植えて、
卵とお酒をあげて、火を焚く。ってのを7日しろ っていわれた。
竜神さんを神様のようにしなさいって。

あっさりやってしまえばこの肩の痛みや頭の痛みはなくなるのかも
しれないけど。どうしてもわたしにはできないし、やりたくない。

神様って思ってないのに(神さまにもいろんなレベルがあるから)そんなのしたくない
こういうふうに拝んだらゆるしてやるなんて神様。
自分の心に嘘ついてまでやりたくない。
そんな理屈のとおらない世界なのかもしれないけど、下手に拝んでしまうことで
変に関わりももちたくない。(肩にいるんだから関わりあるのかもしれないけど)

今これを書いている時点ではかなり冷静になってきたけど、これを霊能者からいわれた
時はとても落ち込んだ。
先祖に竜にもう・・・・!(家族に来るはずのものがすべてわたしが受けている
らしい)
で、どうしていいかもわからなくて、でもなんとかしないとまずいし、ということで
自分なりに考えた対応策はイギリス行きを早めることだった。

気の高いところにいけばそのものたちも行くべきところへ帰るのではないかと思う。
そうなると断言はできないけど、今のわたしにはそれ以外の策が思いつかない。
[PR]
# by nanami_06 | 2008-12-31 13:41

海の底を通過中

やっとイギリス行きのチケット予約したよ。

かなりやっとの思いで・・。はっきり心がきまらなくて悩んでて、考えても

答えでなくて、そのうちに行くタイミングを逃しそうだったから、えいや!って。

前回はホテルと航空券がセットになったものを買ったんだけど、一人でイギリスに

いく場合だと、ツアーだと割り高になるので、チケットとホテルは個人で手配する

ことに。まだホテルは決めてないんだけどね。

ま、それはとりあえず横においといて、肩背中頭は相変わらず痛い。

自分なりの浄化はやっているけど(頭のなかでクリーニング用の言葉を

リピートし続ける)で、こないだ人の紹介で、みてもらうことになって、

予約をとったけど、前日から吐き気とお腹下し気味、あと頭痛がひどい。

行くのを阻まれてる?感じがした。  

どうやら右肩にいる人はキリシタン関係の人で自分に縁のある人たちみたい。

というのも祖父は五島列島の出身。で、そこは隠れキリシタンいっぱいいて、

弾圧とかもひどかったみたい。自分の先祖がそのような弾圧をうけたかも

ということは十分に考えられる。で、うちの母方の先祖がどうも弾圧した

側らしく・・・。

いままで肩にいるのは祖父だと思っていたけど、そうではなかったみたいで。

そもそもなんで祖父だと思ったかというと身近に見える人がいて、その人から

聞く容姿からそう判断していた。ただ、わたしは以前にも祖父の霊を上へ上げるため

に五島列島にいったりしているので、再度祖父が重い状態で肩に来るのはもう

理解できなかった。で、ほかの霊能者の人に聞いてみたら、

『祖父の姿みせているが別人。祖父はちゃんと上に上がっている』ということだった。

そうであるならば、いままでの経験からいくと、通常は2-3週間以内に

肩からいなくなるけど、(先祖霊とかじゃない場合は)

別人なのになぜ長期滞在なのかが?だった。

で、今回の説明を受けて、有る意味納得。

対処として、不動院と市内の教会にいって、上に言ってもらうようお願いをすること

と、山口のザビエル教会にいってキリシタンの霊をあげてもらうようにお願いをすること

を指示された。もちろん全部信じているわけではないけど、

とにかく痛いので、やってみるしかない。

で、昨日は不動院と教会にいった。

来週は山口に行く予定。

何故今までしずかだったのに今になってこのような霊がいるのかについては

こういうことかなって思う。以下はガイアアセンションのQ&Aより

『アセンションに向けた地球の波動上昇の過程で、「霊界」は排除され、すでに存在していません。

霊界の住人たち、つまり私たちの先祖の大部分は、地球に引き戻され、それぞれの縁によって現世の子孫たちのところに来ています。

ほとんどは、その体験から獲得した個性やカルマを抱えたまま、私たちの「そばに」いるはずです。

また私たちの多くも、先祖の意識に繋がって、その体験から得た知恵を、自分のものとして受け取りことができる状態には、まだなっていないといえるでしょう。



地球と人類の歴史をかえりみれば、カルマが全くない存在は有り得ないことがわかります。

そこで、私たちが先祖のためにやるべきことの第一は、先祖たちが抱えているカルマの浄化です。

これは、私たち自身のためでもあります。これによって、第二にやるべきことへの道が開けるのです。

それは、先祖たちの意識に繋がることを通じて、その膨大な知識と知恵を、「自分の体験」から得たものとして身につけることです。

私たち自身の波動を上昇させていくこと、そして意図によって、意識的に先祖を引き寄せることがその前提になります。

その先に、アセンションに向けて先祖の知識や知恵を頂きながら、先祖と「協働」し「共創」していく道が開けるはずです。

そして次第に、意識として完全な融合に至るでしょう。


[PR]
# by nanami_06 | 2008-12-21 13:39

一人断食道場開始 その2

そろそろ断食(半断食)をしよう。

瞑想もここのとこ力いれてなかったし、

再度仕切りなおし。

予定は22日まで
[PR]
# by nanami_06 | 2008-06-15 15:13